正しくワイシャツを管理するために知っておくべき管理方法

一人暮らしサラリーマンのワイシャツの悩み~宅配クリーニングという選択肢~

一人暮らしの男性必見!ワイシャツの正しい扱い方

シャツ

ビジネスマンに欠かすことができないのが、ワイシャツです。必需品となるワイシャツですが、管理に困っている男性は意外に多いです。また、ライフスタイルによっても、最適な管理方法は変わってきます。

ライフスタイルによって異なるワイシャツの管理方法を見てみよう

節約志向が強いため自分で洗濯しています(20代/男性)

金銭的に余裕がない学生時代を送っていたということもあり、僕は自分で洗濯・アイロンがけをするのが習慣になっています。個人的にお洗濯やアイロンは好きな作業なので、苦痛に感じず続けられています。

手間が省けるのでクリーニングを利用しています(20代/男性)

最初は自分で洗濯をしていましたが、仕事で遅くなることがあり、自分で洗濯するのが難しくなりました。今ではなるべく手間を省くために、クリーニング店を利用しています。1回約100円で、支出として大きいわけではないですし、自分で洗濯をする手間を考えると、お金を出してクリーニングをしたほうがメリットが大きいと感じます。

形状記憶型のワイシャツを着用しています(30代/男性)

僕はアイロンがけのような面倒くさい作業はできないので、形状記憶型のワイシャツを使用しています。形状記憶型のワイシャツなら、アイロンをする必要もないですし、クリーニングをしなくても良いので使い勝手が良いです。しわが気になるようになってから、クリーニング店を利用するようにしています。

ワイシャツの扱い方も様々

このようにワイシャツの管理方法は、ライフスタイルによって様々です。自分で管理をしたいと思っているなら、ワイシャツの基本的な知識を持っておいたほうが良いです。知識がないまま管理をしてしまうと、ワイシャツを傷めてしまう恐れもあるので注意しましょう。

ワイシャツを扱う際の基礎知識

ワイシャツを洗濯する際は、正しい方法で洗濯するようにしましょう。ここでは洗濯する際の基礎知識について説明します。

ワイシャツの洗濯表示を確認する

ワイシャツを洗濯する前に確認しておきたいのが、洗濯表示です。洗濯表示は、小さく書かれているためよく見たことがないという人も多いですが、実は洗濯する際に大変重要なことが記載されています。洗濯表示には、その服の洗い方や、避けたほうが良いことなどが書かれています。ここを確認せずにワイシャツを洗濯してしまうと、お気に入りのワイシャツの寿命が縮んでしまうこともあるので注意しましょう。

自分で洗濯が可能なワイシャツの素材とは

基本的にワイシャツは、自宅で洗濯することができます。「綿」「麻」「ポリエステル」などの素材のワイシャツは、洗濯表示の指示に従えば、自宅にある洗濯機で洗えます。しかし自宅で洗えないワイシャツの素材もあります。その素材とは、「絹」です。最近では絹でも洗えると謳っている洗剤もありますが、絹素材のワイシャツを長持ちさせたいなら、クリーニング店に出したほうが良いでしょう。レーヨンやアセテートなどの素材のワイシャツを洗うのが不安に思う場合は、1度クリーニング店で確認しておくと安心です。

早速実践!ワイシャツの洗濯手順

ボタンを全部外す

ワイシャツを洗濯する時は、ボタンを全て外します。基本的なことですが、知らない人も多いので、しっかり確認しておきましょう。ボタンを外さずに洗濯してしまうと、襟や袖が固定された状態になるので、汚れを落とすことができません。そのためボタンを全て外す必要があります。

洗濯の下準備を行う

洗濯機に入れる前に、下準備を行い、汚れを落としやすくしましょう。汚れているように見えないワイシャツでも、特に汚れやすい襟と袖は、汗や皮脂で汚れていることが多いです。襟と袖用の洗剤や、通常の液体洗剤を襟、袖に直接つけて5分放置をするだけで、汚れは落ちやすくなります。

洗濯ネットを使用する

ワイシャツを洗濯機で洗う際に、必ず必要になるのが洗濯ネットです。洗濯ネットを使用しないと、ワイシャツの袖が絡まるだけではなく、脱水の時に大きな力がかかり生地を傷めてしまいます。網目が大きい洗濯ネットを使用すれば、生地を守りながら、しっかり汚れを落とすことができるのでおすすめです。

洗剤に併せて漂白剤を使用する

漂白剤は、洗剤だけで落とすことができない汚れを落としてくれます。また、カラーシャツに使用できる漂白剤もあるので、カラーシャツを洗濯する際も安心です。漂白剤は様々な種類がありますが、ワイシャツの向いているのは、洗浄力と漂白力が高い粉末タイプの酵素系漂白力です。

洗濯機の設定には注意が必要です

洗濯機のコースは、「標準コース」を選択して大丈夫ですが、脱水時間は短めにしましょう。脱水は、遠心力をかけて水分を飛ばすので、長い時間の脱水は生地を傷めてしまいます。ですから脱水時間は短めの設置が良いです。汚れがひどいワイシャツを洗濯する場合は、洗浄力を高めるために、水の温度を上げると良いです。50度~60度ぐらいの水温が汚れは落ちやすい範囲ですが、温度を上げ過ぎると、ワイシャツを傷めてしまうので注意が必要です。

洗濯が完了したらアイロンがけを施す

アイロンに適したワイシャツの状態

ワイシャツは、生乾きの状態がアイロンに最適です。完全に乾いている場合は、霧吹きをして少し湿らします。

汚れやすい個所にのり付けをする

襟や袖口などの汚れやすい場所にアイロン用ののりをつけて、アイロンがけをします。

乾くまで乾燥する

アイロンがけをした後に、すぐに畳んでしまうと折りしわがつきます。それを防ぐために、乾くまでハンガーに掛けておきます。

しわを作らないためには干し方が肝心です

ワイシャツを干すハンガーは、肩の部分が厚めのハンガーを使用したほうが良いです。肩に重みがかかることで、風が吹いても崩れず干すことができます。また、干す前にしわをしっかり伸ばすことも大切です。ワイシャツを叩いて小じわを伸ばしたり、大きく振って大じわを伸ばしたりするだけでも、しわはできにくくなります。また、忙しい時には、ワイシャツをハンガーに掛けた後に、全体のしわを伸ばすだけでも大丈夫です。干す時には、袖口のボタンを外すことで、しわを作らずに干すことができます。

生活パターン別で見る適切な洗濯が方法

必要な時に「着られるワイシャツがない」とならないためにも、自分の生活パターンに合った方法を選びましょう。

生活パターンによる適した洗濯方法

平日シフト
平日シフトの人は、クリーニング店の営業時間に間に合わないことが多いです。そのため、夜間でも営業している宅配クリーニングを勝町すると良いでしょう。宅配クリーニングなら、空いた時間に出すことができるので便利です。
夜勤シフト
夜勤シフトの人であれば、太陽が出ている日中に洗濯をすれという方法があります。しかし日中に洗濯をするとなると、睡眠時間を割くことになります。それを避けたいなら、クリーニング店を利用したほうが良いでしょう。
変則的なシフト
休みが変則的に変わるような仕事をしている人は、コンスタントに洗濯することが大切です。形状記憶型のワイシャツなら、アイロンをする手間を省くことができるので、着られるワイシャツがないという事態も避けられます。

自分に合ったサービスを選ぼう

一人暮らしの人が仕事と家事を両立させるためには、自分の生活パターンに適した家事の方法を選ぶことが重要なポイントでしょう。下記サイトでは、一人暮らしのサラリーマンおすすめしたいクリーニングサービスのおすすめサイトです。一人暮らしでもパリッとした気持ちいいワイシャツを着こなしたいという人は、是非参考にしてみてください。

TOPボタン